AV紹介
【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里
【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里 【VR】ダサくて根暗な従順年上女(むっつりスケベ)に僕好みのエロい格好させたらムラムラMAX!【超肉感特化コミュ障美女】僕だけの肉オナホだから本命彼女には出来ない身勝手な行為を繰り返した。 辻芽愛里
品番:nkkvr00034
【肉きゅんパラダイスVRの新シリーズ第二弾】
鍵っ子だったある日、日が暮れても団地の前で1人で遊んでいたら、同じ団地に住んでる芽愛里姉ちゃんが話し掛けてきて。その頃の芽愛里ちゃんは、今より元気いっぱいで、部活をガンバってて、区の大会とか出るくらい有名な選手で。
部活が終わった芽愛里ちゃんが、「私も鍵っ子なの。暗くなったら変な人に連れて行かれちゃうよ」とか言って、それ以来、互いの親が帰ってくる時間まで、芽愛里ちゃんの家とか僕の家で遊ぶようになって。
芽愛里ちゃんは、とても良い匂いがして、可愛くて、僕はいつも変な気持ちになってたけど、気にしないようにしてて。
そんなある日、僕は、お絵描きもトランプも飽きちゃって、芽愛里ちゃんも「受験勉強疲れたー」って話し掛けてきて、一緒にテレビドラマ観始めて。ちょうどベッドシーンで、主人公のカップルが抱き合ったり、キスしたりしてて。僕が画面に釘付けになってると芽愛里ちゃんがチャンネルを変えようとしかたら、僕が「最後まで観たい」って言ったら、芽愛里ちゃんが「興味があるの?可愛いクセして、おマセさんだね」って言ってきて。なんだか気まずい空気になって。
その後、少しの間、芽愛里ちゃんの家に行くのは止めてて。団地の近くの広場で遊んでたら、部活終わりの芽愛里ちゃんが来て、「最近、なんでウチに来ないの?暗くなったら危ないからウチにおいで」って言ってくれて。
「この間、変なコト言ってごめんね。キミも男の子だもんね。興味くらい、ある方が普通だよね」とかそんなコト言ってて。
気が付いたら何時間も芽愛里ちゃんのクチに吸い付いてて、その内、一緒にお風呂入ったり、一緒にお布団で寝たりするようになって、僕は芽愛里ちゃんの体をたくさん触って、芽愛里ちゃんもたくさん僕に触ってくれて。
もう止まらなくなっちゃって。

朝、登校するフリして家を出て、親が会社行ったら家に戻って、芽愛里ちゃんと二人で夜遅くまでずっとアレばっかしてた。芽愛里ちゃんは部活も行かなくなって、成績もドンドン落ちて、志望校のレベルを落とすコトになったみたいで。でも、二人共、アレにハマっちゃったから、アレばっかしてた。
僕が進学して、同級生からエロ本とかAVとかを借りてきたら、同じコトを芽愛里ちゃんにしてた。
芽愛里ちゃんは意味が分かってなかったみたいだけど、たくさんエッチなコトを言わせたり、恥ずかしいコトをさせた。

アレを憶えてから様子が変わった芽愛里ちゃんを親が心配して、全寮制の学校に転校させちゃってて。

昨日、団地で芽愛里ちゃんを見かけて。卒業して家に戻ったみたいだから、会いたいなぁ。

辻芽愛里/加護唯
その他の記事
[PR] 優等生と地学教師